読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならオーバーグラウンド

愛なき道を行け。

プラクティカル純情的百合

わたしは百合が好きなのですが、なぜ好きなのかという言うと、気付いたらそうだったのだけれど、大学生になってから気がついた。たぶん高校生の頃からそうだったのだと思うんだけど、環境的に知らなかったし、触れてこなかったので、気が付かなかっただけだと思う。なんだか性の目覚めみたいですがそういうのともちょっとちがいます。

 

なぜ好きなのか理由になっていないので上記のような文章は悪文である。

 

わたしはこういうとすごく嫌なやつだと思われるけれど、美しい女性が好きで、別に性的にどうとか、付き合いたいとか思うわけじゃなくて、自分の彼女には秘密にしていたのだけれど、心の底で美術品を見るような目で、クラスの美人や、電車でたまたま一度きり見かけた人などを見て美しいなあと思っていた。そんなこと口が裂けても彼女には言えなかったけれど、本当にただきれいだなあ、すごいなあとぼんやり思っていたのが高校生。

大学生になって、本棚でふと手にした漫画を読むようになって、百合にはまった。それが志村貴子さんの『青い花』だった。誤解が生まれそうなのであるけれど、わたしはつねづね女性が男性を好きになるというのが不思議でしょうがなかった。99%の男は汚いし気持ち悪いし、汗臭いし、とにかくオエって吐き気を催すようなものの塊なので(もちろんわたしだってその例外ではない)、なぜ女性たちが男を恋人にしたがるのかわからなかった。そして、独占したり奪い合ったりするのかわからなかった。もっと美しいものが眼の前にいるじゃないかと思っていたけれど、まあ、わたしは女性ではないし、女性も男と同じ人間であって、心は似たようなことを考えたりするし、女性同士の争いなんかもあるし、そんなこと言ったら男だって暴力振るうことだってあるわけで、どっちもどっちだ。でも、わたしは女性という器が、まあ、ようするに身もふたもないけれど女体が綺麗だなあと思っていただけで、その人の精神性や、人格や、名前とかどうでもよかった。あとは、社会的に規定された化粧とか、髪型とか、服装とか、そういうもの。男がしたら変だと思われるものが羨ましかった。芸能人とかモデルとか、フォトジェニックにならなくちゃいけない人たちは別にして、サラリーマンの男性が通勤でファンデーションしてチークしてリップ塗ったらなんか奇妙なやつだと思われるし、髪型だって、一般的には短いほうが、男性は清潔的というか、さっぱりしていていいというイメージがあり、ボブやロングの髪型の男性というのは比率で考えれば体感では少ないと思う。ロングスカートを日常的に履く男の人は大学には普通にいたけれど、サラリーマンのフォーマルな格好としてはちょっとダメな気がする。だから、そういう女性的なものがわたしはとてもいいなあと思い美しいなあと思っていた(女性からしたら化粧をめんどうだと思う人もいるだろうし、やはりそこにいろいろな意見を持つ人がいるのは知っています)。わたしはだからといって、女性的な記号を身にまとわない女性が美しくないとか、ダメだとか思うわけではなくて、そういう人は自分の好きにすればいいわけで、だれから許されるとかそういう許可なんか必要なく好きな格好を好きなように自由にすればいいと思う。間違っていると言う人がいるなら間違っているのはその人の方で、誰もその人の自由は奪えないのであるよ。(世間的に声高に言われている「女子力」なるものはさっさと死語になってほしい)。

大学では、宝塚のオタクの女の子とちょっと仲良くなったことがあった。彼女にはシンパシーを感じたのだけれど、あるいは勘違いだったかもしれない。

Ending Song 

さよならポニーテール「ビアンカ